がんペプチドワクチンをわかりやすく紹介する情報サイト


夢の新薬「がんペプチドワクチン」の将来性

夢の新薬

夢の新薬 過去に「がんの夢の新薬」や「がんの特効薬」と言われた薬は数多くありました。
古くは「丸山ワクチン」や最近では「イレッサ」「分子標的薬」「ベンズアルデヒド」などです。 また、がんに有効だと言われた食品やサプリメントも数知れずありました。それらの薬や食品は、確かに体の免疫機能を高める効果や肝臓の機能を高める効果や、それぞれの臓器の機能を高める効果などが確認されています。また、がんに対して効果が認められた薬も少なくありませんでした。

「がんの夢の新薬」や「がんの特効薬」しかし、一時的なブームで「がんの夢の新薬」や「がんの特効薬」と呼ばれましたが、長期間の効果を検証すると夢の新薬や特効薬とは言えなかった訳です。つまり、効果が認められるがん患者も居れば、効果が全く無いがん患者も居たのです。

末期がん患者の現状

末期がん患者の現状 最近のがん治療の進歩は目覚しく、がんを発症すると直ぐに死を考えなければならない時代は過ぎ去りました。特に75歳以下に限れば、がんの死亡率は穏やかに減少しています。
がん手術の技術も進歩し以前では手術できなかった部位の手術や、早期がんの手術でがんが完治する患者も増えています。
また、放射線治療の技術や抗がん剤治療の選択肢や効果も、以前と比べると格段の進歩が見られます。また、手術と放射線治療と抗がん剤治療を組み合わせる治療も盛んになっています。

放射線治療の技術や抗がん剤治療の選択肢 従って、がん患者の延命や再発を抑える効果は大きく進歩していると言えます。
一方で、進行性のがんや再発による末期がん患者に対する治療には限界が有ることも事実です。特に、がんの部位によっては手術ができない部位や、放射線照射ができない部位や抗がん剤の効果が無い部位があることも事実です。つまり、末期がん患者にとっては、がん治療の進歩の恩恵は少ないのが現状です。
その結果、末期がん患者は緩和ケアに頼る患者が多いのです。しかし、末期がん患者が治療を諦めている訳では決してありません。
少しでも可能性の有る新しい治療法が有れば、果敢に試す末期がん患者の姿があるからです。

「がんペプチドワクチン」

「がんペプチドワクチン」 今、がん患者の大きな期待を集めているのは「がんペプチドワクチン」です。現在、臨床試験中の「がんペプチドワクチン」は、末期がんが消えるなどの臨床結果が相次いでいるからです。只、臨床試験中の「がんペプチドワクチン」は、まだまだ未知数の新薬であることも否定できません。
そこで、「がんペプチドワクチン」は本当に末期がん患者を救う「夢の新薬」になれるのか、また、「がんペプチドワクチン」が手術と放射線と抗がん剤の3大療法に次ぐがんの治療法として確立されるのか、その将来性をあらゆる角度から徹底的に探ってみました。


  • PR

  • 知っておきたい「ビックデータ」の事